幼児の英語・英会話教室を賢く選ぶための7ポイントをお教えします。

幼児のオンライン英会話はどうなの?

 

オンライン英会話は英会話教室に比べて

 

  • レッスン料が安い
  • 自由な時間にでできる
  • 自宅でできる
  • マンツーマン

など、たくさんのメリットがあります。

 

 

でも、幼児にとってはオンライン英会話は向いていません

 

というのも、次の3つの理由があるからです。

 

  • 座ったままでのレッスン
  • 映像でのレッスン
  • 周りにお友達がいない

 

ここでは、それぞれについて説明します。

 

 

 

座ったままでのレッスン

 

オンライン英会話ではパソコンなどの前で
座ったままのレッスンになります。

 

この座ったままというのが、幼児にはすごく大変。

 

 

モニターに講師が見えていても
数十分間も座ったままという状態では
楽しさは感じにくいですからね〜。

 

 

幼児の英会話教室では、
英語を楽しいと感じさせることが大事と考え
歌やダンスなどをレッスン内容に取り入れているところがほとんど。

 

動きとともに英語を耳にすることで
お子さまに、英語=楽しいと感じてもらうことができるのです。

 

 

 

映像でのレッスン

 

オンライン英会話はモニターの講師とのレッスンになります。
でも、赤ちゃんはモニターに映っている人からの言語には反応しません。

 

つまり、英会話を習得するには
映像や動画では効果が少ないということになります。

 

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

それは、音声や映像のみから英語が飛び交っているよりも
実際に人とふれあいながら英語を聴くことなのです。

 

オンライン英会話で、モニターに向かって話すのではなく
英会話教室に行って、直接、講師と触れ合う。

 

これによって、生きた英語が身につくのです。

 

 

 

周りにお友達がいない

 

大人のオンライン英会話の場合、
グループではなくマンツーマンとなるので
英語の習得にはいいと思います。

 

でも、幼児の場合はまったく逆。

 

 

周りに同年代のお友達がいることで
どんな行動のときに英語でどのように言えばいいのか
などが自然に身につくのです。

 

 

例えば、お友達が転んだときなど
「大丈夫?」「痛くない?」「気を付けて」
という言葉が英語で話せるようになります。

 

オンライン英会話ではこのような単語を聴くことはできるのですが
動作は伴っていないために、ふとしたときの英語が出てこないのです。

 

でも、英会話教室の場合、周りに友達がいますので
場面に合った英語が話せるようになります

 

 

さらに、お友達がいることで競争するという効果があります。

 

最近では何かと競争は良くないと言われていますが
幼児の英会話教室では、いい意味での競争が生まれます。

 

 

例えば、Aくんが英語で話せてる、スペルを書けている姿を目にすると
自分もAくんに負けないようにしよう!と思うのです。

 

つまり、
家でやっても頑張れないのに
教室に行くとなぜか期待以上にやってくれる
ということが起こります。

 

 

友達を意識し、競争するというのは
英会話だけではなく、成長するうえでは大切ですね。

 

 

 

 

このように、幼児の英会話教室には
オンライン英会話では得られないメリットがたくさんあります。

 

 

教室に通う時間、レッスン料金に問題がないようでしたら
オンライン英会話ではなく、英会話教室に通うことをおすすめします。