幼児の英語・英会話教室を賢く選ぶための7ポイントをお教えします。

英会話教室の選び方7ポイント 【4】月額料金とその他の費用

 

レッスン料金

 

幼児の英語・英会話教室を選ぶときには
月謝はとても気になりますよね。

 

英語教室によっては月謝で数千円もの差があるので
ついつい安いところを選んでしまいそうになります。

 

 

家計を預かる主婦としては
料金は安ければ安いほど助かりますもの。

 

 

でもいくら月謝が安いからといって
英語の効果が得られなければ意味ありません。

 

それなら、料金が少しくらい高くても
子供の英語力がアップしてくれる英会話教室を探すべきです。

 

 

これだけの月額料金だと、これだけ効果が得られる!
というのが事前にわかればいいのですけど、個人差もありますし
こればかりは入会させてみないとどうしようもありません・・・。

 

 

ただ、月謝だけではなくレッスン内容、教材、レッスン時間などの項目も含めて
英会話教室を比較してみると、良さそうな教室はなんとなくわかってきます。

 

あとは、どれくらい英語が上達するかという効果がわかれば
さらに候補となる英語教室を選びやすくなりますよね。

 

 

英会話教室がどれくれい上達するかなんて入会しないと分からないのでは?
と思うかもしれませんが、実はこちらの方法を使えば
その英語教室でレッスンを受けた効果を大まかに知ることができますので
参考にしてみてください。

 

 

 

その他の費用

 

幼児の英語教室では、レッスン料金以外にも次のような費用がかかる場合があります。

  • 入学金(入会金)
  • 教材費、自宅用教材費
  • 年会費または管理費
  • 季節ごとのイベント・パーティー代金

・・・など。

 

これらの費用は各英語教室によって違ってきますので
要チェックですよ。

 

 

月謝では最安値の英会話教室でも、
「1年間の諸費用を足して計算してみると、他の教室より高かった・・・」
なんてこともあるので、入会前にその他の費用についてもチェックしてくださいね。

 

 

これらの費用を比較するとき
パンフレットを眺めているだけでは違いがわかりにくいです。

 

パソコンができる方なら
エクセルなどで表を作って、比較することをおすすめします。

 

教室ごとに、1年間にかかる費用を項目ごとに数字を入力して、合計するだけです。

 

 

評判のいい英会話教室に行きたいけど月謝が高いから・・・
と悩んでいたのに、年間の合計を比較してみると最安だった!
というラッキーなことがあるかもしれませんし。

 

実は、我が家でもそんなパターンがありました(笑)。
なので、面倒でもきちんと計算してみましょう。

 

 

料金を比較するときには、意味がわからない費用もありますので
その場合はスタッフさんなどに聞いておきましょうね。

 

 

 

このほか、意外とかかるのに忘れがちなのが交通費

 

英語教室の場所によっては、

  • 電車代
  • ガソリン代
  • 駐車場代

など、あらゆる交通費が必要となります。

 

 

毎回必ずかかる費用ですから、
幼児の英語教室を比較検討するときには
忘れずに計算しておきましょう。

 

 

 

⇒ つづいて、交通費に関連する教室の場所についてご覧ください。