幼児の英語・英会話教室を賢く選ぶための7ポイントをお教えします。

幼児にはネイティブ講師かそれとも日本人講師か?

 

幼児の英会話教室には
ネイティブ講師によるレッスンをウリにしているところがありますが
日本人講師のみのところもまだまだ多いです。

 

でも、せっかく英会話教室に通わせるのだから
正しい発音を身につけてもらいたい。

 

これだけを考えると、ネイティブ講師が良いと思いがちです。

 

 

でも、実際のところネイティブ講師と日本人講師とではどちらが良いのか?
と聞かれた場合には、

 

幼児英会話教室の講師として必要とされる能力があるならどちらもいいですよ

 

とお答えしています。

 

 

ここでは、その能力について確認してみましょう。

 

 

 

英語を教える能力

 

英語を教える能力が低いと、お子さまの英語習得が遅くなるばかりか
まったくものにならないかもしれません。

 

なので、幼児に英語が身につくように教えることができる能力は必要不可欠です。

 

 

さらに、幼児英会話教室の講師には
お子さまが言いたいことを理解できる能力も求められます。
この点については、日本人のほうが有利になります。

 

ただ、子供の言いたいことを理解できないネイティブ講師であっても
それをフォローできる日本人講師やスタッフがいるならば問題ありません。

 

 

 

子供を楽しませることができる

 

幼児の英会話教室は、大人の場合と違って
楽しく英語を学べるかどうかも大切

 

英語=楽しいと思ってくれれば
英会話教室に行きたいという気持ちが出てきますし
英語も好きにもなってくれます。

 

 

ネイティブ講師には、明るく、声も大きく、
オーバーリアクションをしてくれる方が多いですよね。

 

なので、日本人講師よりお子さまを楽しませるのが上手です。

 

 

ただし、この点については、講師とお子さまとの相性もありますから
いろんな教室で体験レッスンを受けて、確認することをおすすめします。

 

 

 

発音

 

小さい頃からネイティブの英語を聞いて学習していけば
当然のことながらネイティブの発音を聞きわけることができるようになります。

 

反対に、日本人講師のカタカナ英語を覚えてしまっては
ネイティブな英語を聞き取れないし、
英会話でも相手に伝わらないこともあります。

 

 

日本人講師がネイティブ並みの発音ならいいのですが
発音については、ネイティブ講師のほうが有利ですね。

 

 

 

 

 

幼児英会話教室ではネイティブ講師でも日本人講師でもいいのですが
できるかぎり上のような能力を持っている方を見つけてください。

 

そのためにもたくさんの英会話教室で体験レッスンを受けることが大切ですよ。

 

 

お子さまの英語上達がスムーズに進むよう
じっくりと時間をかけてお選びくださいね。