幼児の英語・英会話教室を賢く選ぶための7ポイントをお教えします。

幼児から英語を学んで日本語は大丈夫?

 

幼児から英語を学ばせてしまうと、日本語とごちゃまぜになってしまって
うまく日本語を話せなくなるのでは? と心配される方がいらっしゃいます。

 

英語の早期教育に反対派のお偉いさん(教授や評論家)達は
「日本語がおろそかになってしまう!」と疑問を呈してらっしゃいますね。

 

 

はたしてそうでしょうか?

 

私の息子は、1歳半でインターナショナルのプリスクールに入園し、
毎日英語だらけでしたが、日本語にはまったく支障はありません。

 

もし幼稚園でも英語、家でも英語なら日本語が話せなくなっていたでしょう。

 

しかし我が家では、幼稚園で英語だらけのぶん、
家では日本語でしか話をしませんでした。

 

というか、親が日本語しか話せません(笑)。

 

 

公立の小学校に通っている現在、むしろ国語も得意です。

 

2つの言語を使い分けるバイリンガルは
脳が活性化すると言われています。

 

国語やその他の科目を習得するにも、役に立っているかもしれませんね。

 

 

私の経験から、おわかりいただけるように
幼児の英語教室で週に1〜2回、それ以上レッスンしても
日本語に支障をきたすことはまずありません。

 

むしろ、英語教室だけでは時間が少なすぎるので
家ではもっと英語環境を増やすほうがベストなぐらいです。

 

 

英語の習得には1000時間必要といわれていることからも
いかに家で英語に触れさせるのかが大切です。

 

時間をかければかけるほど、習得がはやくなりますので。
英語教室の教材やDVD、CDなどを活用していきましょうね。

 

 

英語、日本語と区別していない幼児の頃は、言葉の吸収も早いので
できるかぎりたくさん触れさせてあげましょう。

 

 

英語に慣れ、英語が好きになってくれたら、こっちのものですよ。